緊張して眠れない! そんな時に使える「4-7-8呼吸法」

緊張することがあると、前日の夜はドキドキして眠れない! なんてことありますよね。そんなときにおすすめなのが「4-7-8呼吸法」。

呼吸を変えるだけで緊張した体がリラックスし、心地よい眠気とともに睡眠の質も良くしてくれます。

 

 

4-7-8呼吸法とは?

4-7-8呼吸法とは、アメリカの医学博士アンドルー・ワイル氏が提唱する呼吸法です。

 

もともとは瞑想のために発案されたものですが、眠れないときに行うと気持ちが静まり、あっという間に眠れると話題になりました。

 

 

4-7-8呼吸法のやり方

4-7-8呼吸法のやり方はとても簡単です。

 

ベッドに横になった状態で体の力を抜き、次の順番で呼吸を行います。

 

  1. 口から完全に息を吐き切る
  2. 口を閉じ、4秒かけて鼻から息を吸う
  3. 7秒息を止める
  4. 8秒かけて口から息をはく

 

これを3~4回繰り返します。

 

すると副交感神経が優位になり、体がリラックスした状態になります。

 

また呼吸に意識を向けることで余計なことを考えずに済むので、より眠りやすい状態をつくることができます。

 

 

緊張やイライラで眠れないときにはとくに有効な入眠法なので、緊張して眠れない! というときにぜひ試してみてください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です