大事な場面であがらないために! 緊張を抑える3つのツボ

発表会、面接、会議、プレゼン、披露宴での挨拶・・・緊張しすぎて失敗したらどうしようと不安になっていませんか?

そんなときに役立つのが「緊張を抑えるツボ」。

ツボを押すだけで緊張を抑えることができるので、本番前にぜひ試してみてください。

 

 

緊張や不安を抑えるのに効果的な3つのツボ

次にご紹介する3つのツボは、緊張や不安を抑えるのに効果的なツボだといわれています。

いずれも手や腕にあるツボで、机の下でこっそり押したり、手を組むようにしながらさりげなく押すこともできますので、ぜひ覚えておいてください。

 

 

神門(しんもん)

まず一つ目のツボは神門です。

神門は精神的な緊張をほぐし、強い不安感やイライラを鎮めてくれます。

不眠や便秘の改善にもおすすめのツボです。

 

■神門の位置

手首の内側の関節部分、小指側の骨と筋の間のくぼみ。

 

 

合谷(ごうこく)

2つ目のツボは合谷です。

合谷はストレスで乱れた自律神経のバランスを整え、気持ちを落ち着かせてくれます。

肩こりや頭痛、冷え、多汗など、さまざまな心身症状に効果を発揮する万能ツボです。

 

■合谷の位置

手の親指と人差し指の骨が交わったところから、やや人差し指よりのくぼみ。

 

 

内関(ないかん)

3つ目のツボは内関です。

内関は心を落ち着かせ、イライラや気分の動揺を鎮めてくれます。

胸から胃にかけての痛みや不快感にもよく効くツボです。

 

■内関の位置

手首の内側の関節部分から肘に向け指三本分、腕の幅の真ん中。

 

 

効果的なツボの押し方

ツボを押すときは、ゆっくりと息を吐きながら、あとが残らない程度に優しく刺激しましょう。

5秒間ツボを押したら離す。これを5回繰り返します。

上記のツボを順番に刺激していくと、より効果的に緊張を抑えることができます。

 

 

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です