あがり症を改善するために日常生活でできること

あがり症を改善するためには、日常生活でも意識したいポイントがあります。

とくに次のことを実践することで、体がリラックスしやすい状態になりますので、あがり症がなかなか改善されないという方は、ぜひ試してみてください。

 

 

あがり症改善のポイントは “リラックスホルモン”

あがり症を改善するためには、なによりも脳や体をリラックスさせることが大切です。

 

そしてそのために重要になるのが、脳内で分泌される “セロトニン” という物質。

 

セロトニンは別名 “幸せホルモン” や “リラックスホルモン” とも呼ばれ、緊張やイライラを和らげ、脳や体をリラックスさせる働きがあります。

 

 

このセロトニンは、生活環境によって分泌される量が変わってきます。

 

セロトニンが不足すると、緊張や不安を感じやすくなってしまうため、あがり症を改善するためには、このセロトニンの分泌を増やす必要があるわけです。

 

 

セロトニンを増やす方法

セロトニンを増やすためには、普段の生活で次のことを意識するようにしてください。

 

 

朝日を浴びる

朝日を浴びるとセロトニンの合成が活発になります。

朝起きたらすぐにカーテンを開ける・外で散歩をするなどして朝日を充分に浴びるようにしましょう。

 

ただし、強い日光を長時間浴び続けると、疲労に繋がるので避けましょう。

季節や天候にもよりますが、午前6時半~8時半の間に20分~30分程度、朝日を浴びると良い効果が得られるといわれています。

 

 

バランスの良い食事を摂る

バランスの良い食事を心がけることもとても重要です。

とくにセロトニンの合成に必要な “トリプトファン” という栄養素は積極的に摂るようにしましょう。

 

詳しくはこちらの記事に書いていますので参考にしてください。

 

 

リズム運動をする

適度な運動をすることも大切です。

とくにウォーキングやスクワットなど、一定のリズムで同じ動作を繰り返す “リズム運動“ がセロトニンを増やすには良いといわれています。

 

 

普段の生活を見直し、あがり症改善を目指しましょう!

セロトニンは、あがり症の改善だけでなく睡眠の質も良くしてくれます。

頑張りすぎない程度にできることから取り入れていきましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です